水虫手帳は高橋



水虫 日本に京都があってよかった


今日は、4月22日、 よい ふーふー の日(。・ω・。)ノ?

1994年に国連が発表した「国際家族年」をきっかけに講談社が提唱したそうです。

毎年、11月22日は、 イイ 夫婦 の日  (。・ω・。)ノ?
こちらは1988年に財団法人余暇開発センター
(現日本生産性本部)により提唱された記念日。
語呂合わせなので、
年に何回も同じような記念日が出てくるでしょうね。
理想の夫婦ってどんな夫婦?

それは、夫婦やってる年数、それぞれの年齢によっても感じ方が様々でしょう。

同じ空間にいるのが無理っ!
同じ日本の空気を吸いたくないので海外追放と仰ってた芸能人が居ましたね。


ここまで来なければ、ぶっ壊すのが面倒臭いので
維持!
ここまで来ても、1階と2階に分かれて暮らすとか、無理なら、別居するとかも。
ストレスのなるべく掛からない、
自分自身が一番壊れないで済む形なら
それがその夫婦の理想のカタチなんだと思う。

お風呂だって、夫が入った後が嫌ならお湯を抜いて入れ直せばいいし。
電気代やガス代より、ストレスで病気になったり、夫の性病や爪水虫移され、病院に掛かった方が余程高くつくもの。

それでもなお、自分が壊れそうで、
自分自身が維持できそうになければぶっ壊すしかない。

やはり、家族も対面も大事だけど自分自身を100%犠牲にして、最後の瞬間笑えるだろうか。

多分、新婚時代やお若い方はこんな風には考えられないでしょうね。

本来なら、愛情と、信頼とで結ばれ、共通の目的を共有しながら他人同士だけど、お互いに心と体を一番に思いやり、幾久しく共に生きようと誓った二人。
若くて、健康で、まだまだエネルギーに満ち溢れてるときは、
もっともっと前向きに夫婦のカタチを捉える方が良いと思います。

色んな面で取り返しがつかなくなるから。
*☆*:;;;:*☆*:;;;:
理想の夫婦ってどんな夫婦?▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚