水虫で彼女ができました


咳~っ。。
この二本。
フランキンセンス 。
オレガノ。
フランキンセンスを首、胸に一滴。そのあとオレガノ一滴をココナッツオイルで希釈してぬりぬり。
すると!!!
本当に咳が楽になるぅ。。

咳が落ち着くのは本当にありがたい。。
ありがとうございますぅぅぅ。
オレガノが風邪 去痰にはいいというのは知っていたけど
フランキンセンスはよく知らず。細胞修復とかガンとかそんなイメージだったけど
調べてみたらしっかり 気管支炎 去痰 喘息ってのってました。万能オイルと知られるフランキンセンス。
幅広い~!
ドテラ【フランキンセンス】
フランキンセンス(乳香)のアロマオイルは、イエスの誕生に捧げられたといわれる、金よりも高価なものでした。
もともと古代エジプトでは、フランキンセンス(乳香)を化粧品や衣料品として使っていたようです。あの、クレオパトラも目の周りにぬっていたとも言われています。
 また、寺院や祭壇に用いられた植物で、人々とのふれあいは太古からあったようです。フランキンセンス(乳香)を用いたアロマテラピーは、そういった背景からもとても神秘的な香りに包まれ、気持ちを落ち着けて体を浄化されてくれる効果があります。
 フランキンセンス(乳香)のアロマオイルが心に与える効果と効能で、代表的なのは日々感じる不安や強迫観念の緩和です。
感情の高ぶりを抑える効果があるので、優れた沈静作用で心を静める効能を発揮してくれます。 
● 抗菌作用● 呼吸器系● 風邪、喘息、気管支炎● 鬱 また、皮膚細胞に対して、再生を促す効果がフランキンセンス。
老化してしまった肌の若返りはもちろん、乾燥しやすい肌に、うるおいに満ちたエイジングケアとして優れた役割を発揮します。
フランキンセンスは、免疫力が高くて、
感情、精神、身体とあらゆる面での
万能のオイル!!!!
だといわれていて、
最も抗がん性の強いオイルとして知られています。 
この前のヘリクリサムも感情に作用してくれるけど
フランキンセンスもなんだね(ToT)
咳って。
感情たまったもん きてるよなーって思うのです。。
感情ごとケアしてくれるのが
またありがたいです。。。
http://aromabartender.net/?p=550
ドテラ【オレガノ】も
天然の防腐剤 抗酸化力ばつぐん
オレガノは、シソ科のハーブで古代ギリシャ・ローマ時代から薬草として使われてきました。
 トマト料理、パスタやピザなどにも多く使われ、苦みのあるスパイシーな香りは、心に活力をもたらしてくれます。
 免疫活性化作用や抗ウイルス作用もあり、身体の健康にも役立ちます。気力が湧かないときにうまく活用して元気をとりもどしましょう。
さらに、カビや菌を抑制するといった力もあります。
 ● 風邪● 喘息● 百日咳● 真菌● 水虫● 気管支炎(慢性)● 情緒不安定● 抗寄生虫 
身体の一部分にお使いの際は、必ず1:3の割合で薄めてお使いください。
キャリアオイルやココナッツオイルなどに薄めてお使いになることをおススメいたします。 
オレガノオイルは、お料理にもお使いになれますので、いつものトマト料理やハンバーグに1~2滴いれると香りの良いお料理に仕上がります。味や香りがとても強いので、爪楊枝につけたり、小さなボトルに詰め替えてお使いになることをおススメいたします。 
<注意>肌に極度の炎症を起こすことがあるので、必ず薄めて使ってください。小さなお子様には、さらに薄めて慎重にお使いください。 
http://aromabartender.net/?p=650
そして オレガノも情緒を安定させてくれる力があるんだね~(*^^*)
(ドテラアロマバーテンダーさんの記事は情報量がすごくていつも辞書がわりに使わせてもらってます。ありがとうございます~(*^^*))
麻炭足湯にアロマケア。
めっちゃきもちよくて
ふわふわふわしてきましたぁ。。


これが水虫だ!


こんにちは、爪切りナースの大原です。 爪の悩みの中に、「肥厚爪(ひこうづめ、ひこうそう)」があります。厚い爪といえば、ご高齢の方に多いイメージですけど、実は若い人からも相談が多い症例です。 普通の爪切りでは硬くて切れず、ほおっておくと爪が変形してきて、ご自身や家族でケアすることができなくなってしまい、どこに頼んでよいのか分からずに困っているケース。 また、見た目も健康的な爪とは異なるので、温泉施設やサンダルなど足を見せる場所を避けてしまうほど、コンプレックスを感じて辛い思いをしている方も多いです。 でもこの悩み、「削る」という方法で解決するかもしれません。
爪がキレイスッキリになると、これまでの悩みが解消されて、「サンダルがはけるわ!」「温泉にいけるわ!」と明るい言葉をいただき、わたしも嬉しいです。 この記事では、肥厚爪で悩まれている方のために、肥厚爪の原因や症状、ケア方法をお伝えして、悩みの解決の糸口になればと思います。 【目次】?肥厚爪(ひこうづめ)とは?肥厚爪の原因は4つ?肥厚爪の症状と悩み?肥厚爪のケア方法  ?肥厚爪(ひこうづめ)とは爪が分厚く、硬くなった状態で、進行すると山羊の角のように爪が横や後ろ方向を向いて、皮膚に刺さって痛みを生じます。 ?肥厚爪の原因は4つ
・極端な深爪をしたことがある。・狭い靴で指先が靴にあたる。・指先を曲げる癖がある。・高齢による爪ケア不足。 極端な深爪をしたことがある。短く切り過ぎた、物が落ちて爪が取れた、抜爪した経験がある人です。爪は前方向に成長するものですが、爪が極端に短い場合は、指先のやわらかい皮膚が地面からの圧力で盛り上がり、爪の成長を妨害するカベとなってしまいます。新たに生まれてくる爪は、しかたなく上方向に成長し、層状に厚くなります。 ・狭い靴で指先が靴にあたる。足の形に合っていない靴をムリしてはき続けることにより起こります。ハイヒールをはく女性に多いです。靴を変えることで、予防できます。 ・指先を曲げる癖がある。大きすぎる靴やサンダル、ふんばる時に指先を曲げる癖がある人に起こりやすく、無意識で習慣になっていることが多いです。 またハンマートゥといって、 足指の関節がハンマーのように曲がってしまっている方も地面に爪が常にあたるので、爪が肥厚しやくすくなります。 ・高齢よる爪ケア不足乾燥や汚れにより爪水虫が発生し、爪と皮膚の間が角質増殖した状態です。 爪は皮膚と同じ細胞からできて、乾燥すると硬く柔軟性がなくなり、ヒビ割れやすくなります。また、爪と皮膚の間に汚れが溜まるほど、水虫は豊富なエサが確保できるため住み着きやすくなります。高齢者にとっては、保湿や保清を十分にすることが肥厚爪を防ぐケアになります。 高齢による爪ケア不足「爪水虫」について詳細はこちら→準備中  ?肥厚爪の症状と悩みお客様の悩みで多いものから順にあげると、 ・「爪が皮膚に食い込んで痛い。」硬い爪が層状に厚くなっていくと、皮膚に刺さって痛みを生じます。 ・「自分で(家族も)切れなくて困った。」がんばって普通の爪切りで切っていましたが、次第に爪が硬く厚くなりすぎて対応できなくなってきました。家族も「身を切りそうでできない。どうやって、どこへ頼めばよいのだろう。」とケアしてくれる場所や方法がわからず、しかたなくそのままの状態。 ・「人に爪を見せれなくて、ずっと隠している。」爪が汚く見えて、誰にも相談できず、長い間コンプレックスとして抱えて辛いです。 ・「靴下にひっかっかって、爪が取れてしまいそう。」靴下や布団にひっかかってしまい、すでに爪が取れてしまったという方も来られます。 ・「爪がジャマして普通の靴がはけない。」爪があたらないように、いつも軟らかくて大きめの靴を選んでいます。 ・「足を踏ん張ることができない。」見た目は厚く大きい爪にみえますが、実際の爪は中が空洞になっていて、根本付近から浮いてしまっている状態。そのため、爪としての機能を果たせず、ふんばる力がでません。  ?肥厚爪のケア方法・厚い爪は、専用マシーンで削るアシモトライトでは、主に「削る」ケアを行い、適切なかたちに整えます。 ?足浴をして、爪を軟らかくする。?爪と皮膚の間の汚れをクリーニング。?爪専用のマシンを使用して削る。(痛みはありません。)?皮膚に食い込んでいる部分は、ヤスリやニッパーで除去します。?ヤスリで爪全体をなめらかに整えます。?仕上げは、保湿。 ・テーピング先端の隆起部が軽度の場合は、テーピングで下方向に押し下げるようにして、爪がまっすぐ生える道を作ります。  まとめ肥厚爪は、1日や2日で厚くなるわけではなく長い時間をかけてできあがります。 そのため、急激に短くするよりも、少しづつ厚みを減らしていくことが、変化に対応できるよいケアになるのではないかと考えています。 たかが爪、されど爪です。 家の土台と同じように人間の足の基礎にあたりますので、肥厚爪は一人で抱えず、ぜひ専門店にご相談ください。 宮崎県での足爪のお悩みは、アシモトライトまでお気軽にご相談ください。ナース大原 090-9056-1563足の爪切り専門店アシモトライト