この春はゆるふわ愛され水虫でキメちゃおう☆



水虫が新しい体験を提供してくれそうだ


 この話は ずっと以前テレビの医療番組が「家族が 水虫にかかった時の 対処法」というテーマを やっていた時 世間が持つ水虫 という病気の イメージってなんか 面白いなあ と 思ったことがあって 今回 マンガにしてみました     その番組では再現ドラマが 挿入されていて 水虫患者役は パパ 他の登場人物は水虫に やたら神経質になってる ママと幼稚園児の息子&ベビー   ドラマの中ではパパが 水虫だ と いうだけでまるで世界の破滅を目論むダース・ベイダーのように 描かれれていて それが実に おかしかった   そのダース・ベイダーが恐ろしい生物兵器を 撒き散らすことがママには 許せない そこから 出ないで! 使い終わったタオルは袋に入れて 密封して! お風呂は 最後に入って! などとパパを隔離したり 排斥していく   ドラマの途中でそのママの対応が 正しいかどうか何回かクイズとして 挟み込まれるんだけど   ママの態度がエスカレートしていくに 従って 夫婦仲はだんだん 険悪に   私ホントは パパのこと 大好きだよ だけど 私にとって子どもたちの命を守るのは 至上命題  顔で笑って 心で泣いて パパへの攻撃を 益々強めるママ  例えばパパに 子どもとは 顔を合わせない時間差生活を強いる とか  その仕打ちをムッ としながらも甘んじて受ける パパ  ここまできたら挟み込まれるクイズは最早ジョークの 域   その エスカレートする展開に  水虫ってそこまで嫌われ者だったんだ… 目から ウロコが ポロリと落ちた  だって 私の父も 水虫だった 父は幹部を乾燥させることが 大事だからと言って家の中をペタペタと 裸足で歩いていた タオルは 別々でもバスマットは 同じものを使ってたと 思う  そんなことしててよく 他の家族に 伝染らなかったな    そして 私は 思い至った  ああ それは 時代の違いだ  考えてみれば 私の子どもの頃は学校での予防接種の 時一本の注射器を3~4人の子どもに 打っていたもんね そのせいで 今 肝炎になってる人結構いるんだよね  衛生観念を持つことはとても 大切だよね   だけど    その再現ドラマで 出てきた子どもは年長さんくらいの男の子とハイハイベビー  そのくらいの年頃の 男の子って泥足のまま家の中に 突入してきたり ベビーはハイハイし始めると 家中のゴミをつまんでそれを もぐもぐしたりするんじゃないのかな    3歳まで リードを付けざるを得なかったケダモノのようだった 我が家の息子と ハイハイしてて気がつくと うれしそうにスリッパの裏を舐めていた 我が家の娘は  どう 考えてもバイキンと共生できる 免疫力のおかげで無事 成人できたと私は 思ってるんだけど…